オムロン エキスパートリンク株式会社

ニュース・リリース
News Release

「健康経営優良法人2021(ホワイト500)」に認定されました

オムロン エキスパートリンク株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:久保雅子、以下当社)は、優良な健康経営を実践している大規模法人を顕彰する「健康経営優良法人2021(ホワイト500)」に初めて認定されました。本制度は、社員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に健康経営を進めている企業を経済産業省と日本健康会議が協同で選定するものです。「ホワイト500」は、健康経営優良法人の大規模法人部門の中でも上位500法人に付加される冠です。

健康経営優良法人2021(ホワイト500)

当社は、オムロングループの一員として、2018年に制定した健康経営宣言「私たちオムロン エキスパートリンクは、一人ひとりの心身の健康を大切にする健康経営を通して、活力ある職場を実現し、オムロングループの持続的成長を支えていきます。」に基づき、社員の健康意識の向上および行動変容に向け、下記に代表される取り組みを推進しています。

2020年度 健康経営に関する主な取り組み

「Boost5」
健康経営を推進するためのベースとなる、心身の健康状態を把握するための5つの項目です。オムロングループでは、心身の健康を向上することで、職場で集中力を発揮し、私生活も存分に楽しみ豊かな人生に直結する要素として、「運動」「睡眠」「メンタルヘルス」「食事」「タバコ」の5項目を、重点テーマ「Boost5」として選定し、各項目に指標を設定しています。当社では、指標達成3項目を目標に取り組み、2020年度は52%の社員が達成しました。

Boost5 タバコ 運動 睡眠 メンタルヘルス 食事

働き方改革の推進
オムロングループでは、新たな価値創造に必要なイノベーションを起こす人財と組織の創出に向けて、働き方改革を推進しています。この考えのもと、就業規則等を見直し、業務効率の向上に取り組んでいるほか、裁量労働制の導入やフレックスタイム制度の見直し、リモートワークを導入しています。当社では、社員がワークライフバランスのとれた毎日の中でいきいきと働き、失敗を恐れずチャレンジできる環境を整えることで、企業理念にある「ソーシャルニーズの創造」を実現できるよう、健康経営をこれからも推進していきます。

【オムロン エキスパートリンクの健康経営の取り組み】
https://www.oli.omron.co.jp/corporate/healthmanagement/

ページの先頭へ戻る